大吉ブログ

カテゴリーを選択

2019.2.5 / 店長ブログ, 特集

まさかの結末!鬼と子供のまめまき物語

鬼は外。

 

福は内。

 

節分の日、日本中であたりまえのように叫ばれるこの言葉に疑いを持つ人はいません。

僕もその一人でした。

 

中山大吉ブログ二回目の登場!

ズートリ野田です!

 

前回の家族を消耗しつつ全力で書き綴った豚汁記事が中山さんに好評で

「つぎは節分用の豆で書いてよ〜」

 

と嬉しい依頼を頂き、この記事を書いています。

 

ちなみに我が家の息子は4歳。

去年の節分は速攻で鬼がパパとバレてしまった僕は

今回、

「自分史上最大の節分」

をテーマに掲げ計画を練ってました。

 

※下記は去年の節分の様子

 

 

 

 

 

 

全国鬼協会というものがありまして・・・・

 

息子は4歳といえど、物事をいろいろと理解はじめているお年頃。

適当なことを言ってると論理の粗をつかれてしまいます。

 

節分の一ヶ月前、

僕はまず「節分の仕組み」について説明しました。

 

「はるみち(息子の名前です)節分には鬼がくるよね。あれは全国鬼協会から派遣されてくる鬼で、毎年倒すたびに強い鬼が派遣されてくるんだよ。去年の鬼はランキング108位で、今年の鬼は58位の強い鬼が来るから準備をしっかりしないといけないんだ。」

 

息子

「なんでパパはそんなことしってるの?」

 

「パパは全国鬼協会の会長さんとお友達で、毎年鬼情報を早く仕入れることができるんだ。」

 

息子

「ぱぱ!すごい!」

 

こうして、息子は鬼協会の存在を信じたのである。

 

そして、僕と息子の鬼退治の修行が始まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

たゆまぬ修行の先に栄光の勝利があるのだ。

 

 

まずは筋力が資本である。

「技は力の中にあり」

基礎体力トレーニングから取り掛かった。

 

僕と息子の想いはひとつ。

58位の鬼を倒すことである。

 

そんなある日、息子に言われた。

「ぱぱ。鬼さんってどんな顔してるの?」

 

うーむ。

よし、一応デザイナーの僕だ。

いっちょ書いてみるか。

 

 

 

 

 

完全に精神がやばいやつの絵である。

チラッとみた嫁から引かれた。

 

息子はこの絵をみてから毎日鬼の話しをするようになった。

まじごめんて思った。

 

ちなみに、トゲと角に触ると毒で死ぬ。

 

それからというもの

僕を鬼に見立てた実践訓練はより一層はげしいものとなった。

 

倒れた僕に執拗にトドメを刺してくる。

彼の中では僕の描いたイカれた鬼が立ち上がってきてるのだろう。

好きなだけ父を叩きたまえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・節分前日。

 

23時。僕は一人ドン・キホーテにいた。

自分が書いた鬼のお面を自作しようと試行錯誤したが

そのハードルを超えることができなかったからだ。

 

節分前夜のドンキには

売れ残りの鬼のお面が少し残っていた。

 

しかし、残ってるのは紙で作られた簡易的な鬼だ。

「これではランキング100位以下だな・・・」

 

空想の鬼協会はいつのまにか僕の脳内に実在していた。

 

ふと目についた隅っこのお面。

「こ、、、これは」

 

即決だった。

その曲々しい顔つき。

まさにランキング58位。

 

いや、50位以内に食い込むポテンシャルを秘めてる。

本当は50位以内に入れるくらい強い鬼やけど

普段の素行が悪く鬼協会から目を付けられてるっていう感じ?

やば!それすっげーヤバイ鬼やん!

 

ぼくはすぐに帰宅し、

嫁に報告した。

 

「いや、これ怖すぎだし。鬼じゃなくて仁王って書いてあるじゃん。」

 

 

仁王・二王】

  1. 仏法を護持する神である金剛力士。

 

あ!これでっかい神社の入り口の左右におるやつや!!

 

しかし、後戻りはできない。。。。

たとえ罰当たりだといえ、僕は鬼になるしか無い!

 

 

 

 

 

 

そして、、、最終決戦がはじまる。

 

その日は、朝から息子が言った。

「今日、鬼がくるの?保育園の鬼は全然こわくなかったよ!」

 

保育園でも、先頭に立って鬼に豆を投げたそうだ。

修行の成果に父は嬉しかった。

 

「パパ!武器を作ろう」

 

そういって、鬼殺しの武器を一緒につくった。

 

サンシャイン池崎ばりのAmazonソード。

 

4歳児の口から「刺したあとにバンバンする」という言葉が聞けるとは思わなかった。

 

 

そして、50位台の鬼に唯一通用する豆として

「中山大吉商店の福豆と鬼豆」を渡した。

 

しかし、父の用意した鬼は仁王。

保育園のフレンドリーなビジュアルとはかけ離れた

トラウマクラスの鬼である。

 

そして、嫁との入念な打ち合わせの後、

僕は

「仕事があるからちょっと上の部屋にいくね!」

といって鬼の楽屋にピットオンした。

 

 

  

あぁやはり怖い。まぎれもなく怖い。

いっとき夜寝れなくなって、嫁からクレームが来るのが目に見えている。

 

しかし!もう後には引けぬ!

僕は心すら鬼になった。

 

鬼(仁王)と化した僕は

子どもたちの待つリビングに乗り込んだ!!!

 

そして!まさかの展開が!!!!

その一部始終を動画に収めたのでご覧頂きたい。

 

 

 

 

 

 

「ともだちになろう」

 

僕はその意外すぎる一言を、最初聞き取れなかった。

節分とは対極にある言葉。

 

鬼は外って誰が決めたんだろう?

 

そんな根本的な問題に切り込む一言。

 

息子が最近はまってる妖怪ウォッチのオープニングで何度も流れる

 

「ト・モ・ダ・チッ大事!」

 

というフレーズが頭の中で流れた。

 

投げられるはずだった豆はキレイに皿の上にもられ

プレゼントされた。

 

平和的解決。

 

もう、そうなれば

心は仏(そもそも仁王は仏だけど)

 

僕らはトモダチになった。

 

そして、来年の節分も必ず会おう!

といって別れた。

 

僕は感動冷めやらぬなか

速攻でゾゾスーツと仁王を脱ぎ捨てた!

 

そして、何食わぬ顔でリビングに下りた。

 

 

まったく豆を使わなかったことはこの宣伝でチャラにしてくれる中山大吉商店さまの優しさに感謝して、来年の節分はどんな設定にしようと楽しみなズートリのだでした!

 


2018.11.27 / 店長ブログ, 特集

死にかけ親父の極旨とん汁

全国の中山大吉商店ファンの皆様!

はじめまして!

 

わたくし熊本のしがないブロガー

ズートリ野田でございます。

 

地元ではアゴナシおじさんとして愛されています。

 

この度、中山さんのブログに記事を書かせてもらえることになりまして

お邪魔しました!

 

 

 

 

 

 

 

神の汁。とん汁。

記事を書くことになったきっかけは

僕のこんな一言でした。

 

「中山さん!味噌をつかった料理で一番美味しいのは絶対とん汁です。

僕の親父の作るとん汁は半端なく美味いです。」

 

そう、うちの親父は凄まじく不器用な男だけど

とん汁はすこぶる美味いのである。

 

この話をして1年後。

まさかの

「オヤジのとん汁で記事を書いて欲しい」

という依頼が来たのである。

 

しかし、問題が、

うちの親父はこの一年色々会って

何度も死にかけているのだ。

 

果たして、

そんな父に神の見えざる手が力を貸してくれるのだろうか?

僕は天に祈るばかりであった。

 

 

 

 

 

 

 

味噌、とどく。

そんなオヤジのコンディションとは関係なく味噌は届いた。

 

熊本100年の味 大吉みそ。

 

人生67年の親父とのコラボである。

 

 

ちなみに親父と仕事をするのは何年ぶりだろう?

古くは親父が中古タイヤ屋を営んでいた頃

フリーターだった僕は手伝いに行ってお小遣いをもらっていた。

 

 

その時はとにかくタイヤを運んだり積んだり洗ったりする仕事だった。

15年の時を経てまさか僕が親父に仕事をお願いすることになろうとは

感慨深い。

 

 

 

味噌を見つめる親父。

そのまなざしからは、まだ何も読めない。

 

 

 

 

 

 

 

 

とん汁神、うごく。

死にかけ親父こと、とん汁神さまがついに動いた。

 

 

何かに取り憑かれたように

無駄のない動きで下準備を始める。

 

 

究極の脱力。その口は開いていた。

 

 

 

 

 

 

 

その時僕は、確かに聞こえた・・・素材たちの
「ぁりがとぅ・・・・」
という声が。

 

 

 

 

ふと背後の気配に気づき

 

 

はっ!と振り返ると

 

 


親父が無言でこちらを見ていた。

 

 

(考えるな・・感じるんだ・・・)

 

 

その佇まいはとん汁谷の仙人のようであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

混ざり合う味噌と親父


にゅ

 

 

 


〜〜ぼろんっ!

 

 

 

 

 


すぅん・・・

 

 

 

 

 


スチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッチャッ

 

 

 

 

チャチャチャッ!チャチャチャッ!チャチャチャッ!チャ!チャチャチャッ!チャチャチャッ!チャチャチャッ!チャ!
チャチャチャッ!チャチャチャッ!チャチャチャッ!チャ!

 

 

 

 

味噌と親父が混ざり合う。

 

 

それは言葉に出来ないマッシュアップ。

 

 

互いに互いの良さを出そうと最高到達点を目指し探り合う濃密な時間。
一歩間違えば命を落としかねない異常な緊張感がキッチンを包み込んでいた。

 

 

 

 

 

 

「これじゃ」

 

 

 

神は最後に神の粉(黒砂糖)と取り出した。

 

 

 

「これで・・・おわりじゃ・・」

 

 

 

 

ふぁっっっっさぁ〜〜〜〜

 

 

 




 

 

 

 

 

終末感すら漂う味噌と神の戦いは

神の粉により終焉した。

 

 

 

「味噌」は「とん」と絡まり

りっぱな「汁」へと昇華したのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

やっべ!超うまそ!

 

ついに完成!

 

 

 

味噌神ととん汁神の奇跡のコラボレーション。

「死にかけオヤジの極旨とん汁」

 

 

 

 

まろやかな甘味の大吉味噌と豚肉の旨みが溶け込んだスープが全ての素材に染み込んでいる。

 

 

全員が主役。全てを讃えたい。

 

 

 

そして、なにより67年の人生が溶け込んでいる。

焦燥、憐憫、絶望、そして希望。

 

 

 

とん汁は人生の縮図である。

 

 

 

決して楽な人生ではなかった神の背中からは

そんなメッセージが読み取れた。

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃおいしかったよ!

 

 

とにかく貪るように食べまくる息子と娘。

 

 

大吉味噌の甘みは子供との相性も抜群である。

もちろん、僕は三杯おかわりをした。

 

 

 

いつもの味噌比べて

味の深みが全く違う。

 

 

 

クリームチーズのようなまろやかさがあるのだ。

 

 

 

美味しそうにとん汁を食べる孫の姿をみて

神は微笑んでいた。

 

 

 

きっと神にとってこれが最高の報酬なのだろう。

 

 

 

気づけば神の分のとん汁はなくなっていた。

 

 

 

あぁ神よ。また作ってくれ!

※あなたも神のとん汁に挑戦してみる?大吉味噌はこちらから!

 


SNS & 大吉レシピ

日々、味噌愛を発信!

  • 大吉Twitter
  • 中山大吉商店 Facebook
  • 中山大吉商店 Instagram
  • 大吉レシピ

中山大吉商店の商品のご購入はこちらから

なんでも揃うし、全部美味しい!

  • 中山大吉商店 楽天市場店
  • 中山大吉商店 Yahoo!ショッピング店
  • 中山大吉商店 Amazon店
  • 中山大吉商店 楽天市場
  • 中山大吉商店 Yahoo!ショッピング店
  • 中山大吉商店 Amazon店